小学館の「少年少女日本の歴史」漫画はロングセラーで根強い人気

日本の歴史漫画
スポンサーリンク

私が子供の頃の日本の歴史漫画と言ったら、小学館の「少年少女日本の歴史」で、小学校の図書室、塾、家にもあるくらい定番のセットでした。

ビリギャルの映画にも登場し、大学受験でも十分通用するという評価が高く、ロングセラーですね。

 

しか~し!

2015年に角川が日本の歴史漫画をガラリと変え、続けて2016年には集英社も大幅リニューアルをして近現代史に力を入れ、特典付きセットでも競争し、角川と集英社の人気が急上昇!

 

そんな中、昭和な感じのイラストである小学館、ちょっと取り残されている感じはありますが、まだまだ根強い人気があり、買う側としては、どのセットを選べばいいの~?と迷う所かもしれません。

 

スポンサーリンク

小学館のアピールポイントを知りたい!3つの特徴はコレ

Point.1 累計1948万部突破!発売以来、34年間販売実績No.1!

 

Point.2 パノラマ大画面で、各時代の様子をリアルに体感

各巻各章に迫力ある「パノラマ大画面」を使って当時の様子を表現

 

Point.3 受験対策にも実績あり

細部まで読みこめばセンター試験の平均点以上も可能(2018年4月、小学館のHPに掲載)

 

小学館の歴史漫画をおすすめしていたお二人がこちら。

 

ビリギャルでも話題になった坪田先生のおすすめ
息子3人と長女が東大に合格したあの「佐藤ママ」がNHKのEテレ「テストの花道 ニューベンゼミ」で『 少年少女 まんが日本の歴史』を紹介!

 

受験勉強法でも話題になり、大学受験で活躍した実績があることがわかりますね。

 

小学館も特典付きセットが登場!

角川や集英社が特典付きセットを販売し、勢いが出ている中、出遅れた小学館でしたが、本のリニューアルではなく、特典付きセットが登場しました。

セットには、2018年10月に最新版を追加発売した「平成の30年」の巻も入っています

 

これは、我が家も最新情報として単品で購入しました。

母

まさに、私の記憶にある時代です!

 

 

【21巻+平成30年の巻、人物事典、史跡・資料館事典の24巻セット】

<受験に役立つ4大特典付き>
1 重要年代をかんたんに早おぼえ 日本の歴史 パノラマ年表
2 現代史がわかる! 平成時代パノラマ年表
3 試験にも出る! 「重要事項120」早おぼえ学習カード
4 試験にも出る! 「重要人物80」早おぼえ学習カード

 

 

ズバリ!主婦目線で小学館の感想トーク

細部まで読みこめば大学受験にも対応できるくらいの内容なので、漫画の中でしっかりと歴史解説も詳しく書かれています。

 

子供の年齢や興味の違いはありますが、セリフ部分などは読むけれど、解説部分は読み飛ばしちゃうかも。

(まさにうちの子たち・・・)

 

受験勉強でなければ、それはそれでありかなと思います。

 

気になる部分と言えば、私の中で敬遠してしまう昭和な感じのイラスト・・・

かわいさがないため堅苦しいイメージが・・・

 

ザ!学習まんが!の印象が強いですね。

出版されてからの歴史は長く、その間に何度も増補・内容改訂となっています。

 

最終巻のラストがどこまでか?(21巻目:現代の日本)

今までラストであった21巻目の「現代の日本」は、1995年(平成7年)阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件で終わっていました。

 

母

ビリギャルでも話題になりましたし、内容が良いと言われ続け、根強い人気なので、親として内容か、イラストか、値段か・・・迷う~

 

実際に、私が子供の中学受験を考えた時、出版されたばかりの角川と昔から定評のある小学館で迷いました。

 

結局、その時の最新だった角川にしたのですが、親として、子供が読んでくれなくてはどちらにしても困るんですよね。

あとは、子供の好みによるかなと思います。

 

角川や集英社が刊行されたり、リニューアルされて最新版がでたり、近現代部分が強化され、ついに小学館も「平成の30年」巻を発売(2018年10月)に!

小学館の最新版

欠点部分が補強されてセット販売も特典付きがでたり、内容として充実しているロングセラーだけに、また根強い人気となりそうです。

 

母

あくまでも私の個人的な感想です。イラストの好みもありますし、他にも口コミや評判などを参考にしてくださいね♪