近現代史に力を入れた集英社の「学習まんが日本の歴史」で角川と迷ったら参考に

日本の歴史漫画
スポンサーリンク

角川が日本の歴史分野で学習漫画を発売してから、集英社も創業90周年企画として、集英社が18年ぶりに「日本の歴史」まんがセットをリニューアルし、勢いがでてきました。

2016年10月28日に刊行されたので、新しい漫画セットとなっています。

 

毎年、特典付きセットも発売されるようになり、他社と競い合いながら良いものが次々にうまれるのは購入側として嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

集英社の「学習まんが日本の歴史」特徴・アピールポイントは?

Point.1 受験によく出る近現代史の割合アップ!

20巻中、8巻が近現代史で充実している。

 

Point.2 ていねいなストーリー作り

小中学校だけでなく、高校・大学受験にも役立つ内容。

 

Point.3 集英社各紙で活躍中のまんが家が、表紙を担当

 

Point.4 総合アドバイザーは受験界のカリスマ講師「野島博之先生」

 

ラスト20巻の「激動する世界と日本:平成時代」を読んでみると、バブルや小泉政権、インターネットによる物流の変化、個人情報、東日本大震災、原子力発電所の事故など時事的な内容が漫画のストーリーに組み込まれています。

 

母

親にとっては、つい最近のことのようだけど、子供たちにとっては歴史なのよね・・・。

 

子供たちからするとまだ世の中の動きを知らない時なので、近現代の移り変わりが激しい内容を教えてくれる最新版はありがたい!

 

写真と解説もあり、ちょっとした図鑑感覚で知ることができます。

イラストもイマドキになり、コマ割りも大きく、文字のぎっしり感もなくてすっきり見やすいですね。

白黒とカラーのページが混ざっています。

 

毎年発売されている豪華なセット特典に注目!

角川は2015年に発売されて以来、毎年、秋から冬にかけて特典付きセットを発売しています。

そして、集英社も2016年以降に発売されて以来、特典付きセットが出るようになりました。

 

恒例化するかわかりませんが・・・

 

2019年版の特典付きセット

2019年版の新特典は『わくわく、冒険! 日本史マスター3点セット』。

2018年11月に発売されました。

2019年セットの特典

  • くり返し遊びながら学べるクイズブック(B6判)
  • お風呂にも貼れるポスター(A3判・両面印刷)
  • 昔の地名がわかるクリアファイル(A4判)

 

 

クリスタルアート付き特典セットも人気があった

2017年に発売された、特典付きセットの特典「幻の江戸城天守クリスタルアート」は人気がありました。

数量限定でしたが、まだ在庫が残っていれば購入可能です。

 

 

ズバリ!主婦目線で集英社の感想トーク

ちょっと混乱する部分が・・・

従来の学習漫画と同じようにハードカバーとなっています。

近現代部分を数冊にわけて丁寧に描いている部分はポイントが高いと思います。

 

角川と並んで人気もありますし、頑張って競い合っている部分は購入者側として楽しみでもありますね。

 

ただ、「高校教科書にもとづく表記を用いる」と表記されているところが気になりました。

最初の方のページに「この本の決まり」という部分。

人名や地名、できごとの表記は、高校で学ぶ日本史の教科書にもとづいています。このため、小・中学校で習う表記とは異なる場合があります。

例:聖徳太子 ⇒ 厩戸王(うまやとおう)

 

大学受験向けも視野に入れている作りなのはわかりますが、なんで高校で学ぶ日本史にもとづくのでしょう?

 

小中学生にとってどうなのだろう・・・

すべての漢字にふりがながあり、もちろん小学生でも読みやすく工夫されていますが、指導要領の改訂案を意識し、混乱した部分は時期が悪かったかなと感じます。

 

出版されたあたりの時期に、

指導要領の改定案として「聖徳太子を厩戸王とする」「鎖国という言葉を使わない(実際に貿易をしていた国があったから)」

という話がでていました。

 

結局、混乱を招くからということで聖徳太子も鎖国も復活することになったのですが・・・

う~ん・・・聖徳太子と厩戸王を両方表記していればよかったのになぁ・・・

と素人ながらに思うのですが、たまたま作成するタイミングが難しかったのかもしれません。

 

近現代部分について集英社?角川?

我が家では角川の学習シリーズ「日本の歴史」セットがあり、当時は15巻までの発売でした。

近現代部分のボリュームが少ないなぁと思ったので、集英社の20巻を単品で購入し、良いとこ取りで使っていました。

 

メインは角川+近現代部分は集英社

という使い方です。

 

その後、2018年に角川では近現代史を補強するため、「よくわかる近現代史」全3巻を別巻として追加発売。

 

近現代部分をみると、角川と集英社はどっちがいいか?(小学生高学年の場合)

 

今後を考えると長く使えるくらい内容が濃く、小学生なら集英社の近現代部分(後半の巻)の方がすっきりしていて、わかりやすいかなと思っています。

 

中学受験なら、角川の内容くらい知っているにこしたことはないのかもしれませんが、ちょっと言葉が難しい気も・・・

 

ということで、私の感想としては

近現代史については、別巻として追加発売した角川よりも、昭和、平成時代は集英社の方が読みやすいなと思っています。

 

 

母

あくまでも私の個人的な感想です。イラストの好みもありますし、他にも口コミや評判などを参考にしてくださいね♪