おすすめ日本の歴史漫画「角川まんが学習シリーズ」が大人気

日本の歴史漫画
スポンサーリンク

本屋さんでもひっそり並んでいた日本の歴史まんがが急に盛り上がりを見せたのが2015年。

角川が今までの日本の歴史学習まんがセットを大きく変化させて発売しました。

 

何が大きく変わったかというと、

  • 硬めのハードカバーではなく、ソフトカバー、文庫本サイズで持ちやすい!
  • 有名なイラストレーターたちによるカバーイラスト(表紙)など、絵柄が現代的になった!
  • 特典付きセットが発売され、なんと初回限定の時は家康モデルの懐中時計付き!

 

そりゃぁ、売り上げも急増しますよね。

我が家も子供たちが小学校4年生になったことだし、吉野ケ里遺跡へ家族旅行にも行くし、そろそろ日本の歴史漫画セットが欲しいな~と思っていた時だったので、本屋さんであれこれ比較しました。

 

結局、本屋さんで1時間悩み・・・思い切って角川を購入しましたが、その後も角川の人気がすごいようです。

 

そして、各出版社が日本の歴史漫画に力を入れ始めたきっかけになったのか、リニューアルや特典付きセットが発売されるようになりました。

 

角川の日本の歴史漫画が大人気ですが、私の中のメリット、デメリット、感想など個人の意見の1つとして書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

角川の特徴・アピールポイントは?

ポイント1

東大の入試問題でも重要視されている「歴史の大きな流れをつかむ」工夫がされている
山本博文東京大学教授が監修

 

ポイント2

軽くて持ち運びやすいソフトカバー、コンパクトサイズ
ハードカバーの歴史漫画より小さめで親子モニターでも支持率No.1

 

ポイント3

豪華なカバーイラスト
スタジオジブリの近藤勝也(こんどうかつや)さん、「ケロロ軍曹」の吉崎観音(よしざきみね)さん、「DEATH NOTE」の小畑 健(おばたたけし)さんなど

 

毎年発売されているセット特典に注目!

初回版がセットで発売された時、今までにない販売方法の革命をしたのが角川(だと思います)。

なんと、徳川家康の洋時計をモチーフとした懐中時計を特典につけてセット販売したことで、大注目!

 

最初だけかと思いきや、年末になると今のところ毎年、様々な特典付きセットが発売されているので、チェックしてみてください。(11月くらいに特典付セットの発売が例年続いていますね。)

※今後、恒例化されるかどうかわかりません

 

過去の特典には、真田家 家紋・六連銭モデルの懐中時計、歴史の大きな流れをつかめる新感覚カードゲーム「日本史トラベラー」などがありました。

 

2019年版の特典付きセット

2019年特典セットは近現代史すごろく&サイコロ首脳えんぴつ付き!

全15巻+別巻4冊(計19冊)となっています。

 

ズバリ!主婦目線で角川の感想トーク

近現代部分が弱いと思ったけれど…

母

イラストもイマドキになり、まずは読もうという気に私がなりました(笑)

 

歴史専門家ではなく、普通の主婦なので説得力がありませんが、中学受験では角川でも十分、内容が濃いと思います。

ソフトカバーでコンパクトサイズになったことで、子供も扱いやすくていいなと思いましたが、人によっては耐久性が心配という声も聞いたのでそれぞれかも。

 

強いて言えば、ラスト15巻目の近現代部分である「平成」時代はボリュームが少ない!!

 

33ページで平成の始めから東日本大震災まで一気に駆け足で終わりという流れは、ちょっと残念でした。

もう少し、ラストに気合を入れてほしかったなと思っていました。

しか~し!

この部分に関しては、後ほど紹介する、近現代史3巻が別巻で発売されることで、解消されました。

 

  • ソフトカバーのコンパクトサイズ
  • イラストが子供ウケ
  • 特典付きセットがお得!
  • 弱かった近現代部分の別巻を発売して強化
  • 常に改革の意識を感じて勢いがある

 

本自体がコンパクトサイズなので全体的にイラストも字も小さめになり、他社に比べてちょっとごちゃごちゃしている感じはあります。

 

角川の「よくわかる近現代史」が別巻で3冊追加発売

その後、角川が近現代史を追加で発売することに!

そして数年の月日が流れました・・・

さすが角川さん!

 

なんと、2018年に近現代史部分を同シリーズの別巻として全3巻を発売したんです。

もちろん、我が家も追加購入しました。

角川の勢いはすごいな~。

 

教育改革で高校は「歴史総合」という必修科目が登場

どうして角川がこのタイミングで近現代史部分を強化した漫画を追加で発売したのでしょう?

 

それは多分、後からリニューアル発売された集英社の方がしっかり丁寧に現代を描いていたからだと思う部分もありますが、もう1つ、2020年の教育改革も影響しているようです。

 

大学入試が変わる、センター試験がなくなるなどの話はよく聞きますが、それに伴い、高校入試、中学入試も変わり、小・中・高の学習指導要領も大きく変化してきているんです。

 

まさに子供たちがドンピシャリな時代の中にいるわけですが、高校で近現代の日本史と世界史を統合した「歴史総合」という必修科目ができるらしい~!

 

その辺りを意識して、角川は先取りとしても最適として、「よくわかる近現代史 全3巻」を発売したんですね。

 

ポイント1

日本史+世界史

全3巻の1/5が世界史で、世界史と日本史を織り交ぜた構成はこの本だけ!
(2018年3月現在)

 

ポイント2

新必修科目「歴史総合」を先取り

 

ポイント3

どこよりも最新の内容

日本と世界の最新を反映し、トランプ大統領や平成の終わりにも触れている。

(2018年3月情報)

 

近現代史3巻について私の感想

近現代部分は、かなり内容がごちゃごちゃして中学受験では子供も苦労しました。

私もなかなか頭に入ってこない・・・。

 

この全3巻は内容として、中学受験でもでてくる資本主義、民本主義、世界恐慌、財閥解体、盧溝橋事件、GHQなども書かれていたので、繰り返し読めると理想ですが・・・。

 

なかなか子供も読みにくいのか、手がでない・・・。

 

阪神・淡路大震災を教訓に「災害対策基本法」ができたこと、普天間基地の移設の話、小泉首相の構造改革、靖国神社参拝、拉致問題、郵政民営化について、安倍首相のアベノミクスも内容に組み込まれていましたが、最後はさらっと2016年の熊本地震、雇用問題、トランプ大統領、現在の天皇が高齢のため2019年4月末で退位し、平成が終わるということが書かれています。

 

ただ、デメリットというか、内容が盛りだくさんなのは親として嬉しいのですが、子供としては文字のぎっしり感、言葉の難しさからスラスラ読めるものでもなく、敬遠モードに・・・。

 

母

ニュースが漫画になったような現実的な外交の話や政治的なことも多いし、面白くないのもよくわかるんだけど・・・。

 

小学生には難しすぎる内容ですが、近現代史にあまり知識がない私としては、実際に子供が勉強しなければいけない時、中学受験、高校受験、大学受験まで幅広い層に役立つものだと思います。

 

難し過ぎたら近現代史は他社でも

この近現代史3巻については、アマゾンの口コミで結構、辛口コメントが多く見られました。

角川の定番セットである1~15巻までは評判が良いのですが・・・。

 

近現代史は思想や表現の仕方など、難しい部分でもあること、その上、この本の構成がわかりにくいなど、評価はイマイチのようです。

まだそこまで細かい内容はいらないかな~というのであれば、近現代史部分は集英社「学習まんが日本の歴史」の単体で必要な巻を購入することをおすすめします!

 

第16巻 恐慌の時代と戦争への道 《昭和時代I》
第17巻 第二次世界大戦 《昭和時代II》
第18巻 占領された日本 《昭和時代III》
第19巻 高度成長の時代 《昭和時代IV》
第20巻 激動する世界と日本 《平成時代》

 

 

イラストが大きくて見やすく、ポイントも押さえているので、近現代史部分は集英社の方が小学生にちょうどよいかもしれません。

 

というわけでメインは角川の定番セット、近現代史部分は後から発売された集英社のシリーズが充実していたので、最後の方の巻(集英社)を買って、昭和から平成部分を補いました。

 

【定番セット】(別巻なし)

 

別巻の「歴史まるわかり図鑑」で歴史人物の意外な情報が!

 

角川の日本の歴史まんが定番セットの別巻として発売されたのが、「歴史まるわかり図鑑」。

 

最初は初回セット限定の特典として付いていた「歴史ずかん」が好評で、増補改訂&大幅増ページで30ページ以上増やし、別巻として単体購入ができるようになりました。

すでにこの本が含まれているセット販売もあります。

 

母

内容が結構面白くて、見て楽しい!比べて面白い!

 

城、兜、はにわ、トイレ、時計、髪型、人気の名前、ひげの立派さ具合など、小学生ウケしそうなテーマで比べていて、イラストや写真も多く、パラパラっと見ているだけで興味がでそうな内容。

 

ラブラブカップルランキングでは、源頼朝と北条政子が1位となっていますが、北条政子の恐妻レベルが星5コなんて書かれているし・・・(笑)

 

全部で200ページくらいのコンパクトさなので、最初からじっくり読むというより、興味があるテーマを選んだり、学校の宿題や自主学習のテーマとしても使えそう♪

 

 

角川まんが学習シリーズの「まんが人物伝」も続々登場!

 

2017年に発売開始となった新シリーズで、人物に焦点をあてた「まんが人物伝」。

歴史漫画と同じようにソフトカバーのコンパクトサイズで、内容も充実しています。

 

織田信長、徳川家康、真田幸村の3冊から始まり、豊臣秀吉、ナイチンゲール、伊達政宗、西郷隆盛、アンネフランク、ウォルト・ディズニーなど次々に発売され、今後も刊行されていくので期待できますね。

 

詳しくはまた別記事で書きたいと思います。